日本各地を旅する男のブログ
 

旅する男たくまの旅の記録

現在地は、すでに訪れ た土地は、全ての 予定を完了した土地をで示していきます。

<< 城山公園 変質者的風林火山 | main | 新鮮な驚き >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.10.11 Friday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
和田峠の黒曜石

縄文時代以前の時代を考古学の時代区分で旧石器時代と呼びます。
(または先土器時代、岩宿時代とも)

それは数万年前の歴史。
有機物はほとんど残らないので、ほぼ石器のみが当時の人々の暮らしを伝える数少ない史料となります。
とは言え、石斧、石槍、細石刃、石匙などなど、様々な石器が日本各地で見つかっています。

こうした石器製作に適した石はある程度決まってきます。
割ったときに鋭くとがるガラス質な石が好んで使用されました。
サヌカイト、チャート、黒曜石などがそうです。

これらの石は特定の場所でしか産出されず、縄文時代などでは石の分布状況から当時の交流史を探る研究もなされています。

今日の話は、黒曜石の産出地としてもっとも有名な長野県の和田峠での出来事です。



黒曜石は、なぜだかわかりませんが、たくまが小学生の頃から心惹かれる石でした。

(黒曜石が欲しい)

そう昔から思っていました。
そのチャンスがやってきたのです。
黒曜石の産出地、和田峠。
ついにきた。

(会いたかったぜ〜(ToT))

しかし、黒曜石が峠のどこにあるのかまったくわからないたくま。
そのへんにゴロゴロしているものだろうか?

(まあ、和田峠ともなれば、最悪土産物屋に打ってあるだろ)

と、適当な考えでやってきたたくまでしたが、黒曜石を置いてある店を簡単に発見しました。
しかし、その店、こんな看板。

20061012_157340.jpg

(餅と石かあ(--;))

売れればなんでもいいって感じです。
とにかく店に入ってみるたくま。
すると、ずらりと並んだ黒曜石たち。

20061012_156994.jpg

(す、て、き!!(>_<))

たくまが目を輝かせていると店のおっさんが出てきました。
このおっさんがなかなかのくせ者だった(--;)

お「黒曜石買いにきたの?」

た「はい!」

お「何に使うの?」

た「何に?(と言われても)」

お「石器でも作るのか?」

た「いやあ、飾っておくだけですよ」

お「あそう。そっちに並べてあるやつ買うんならまけてあげるよ」

た「ほんとですか?いくらまかります?」

お「そりゃどれにするか言ってくれないとわからん」

た「あ、そうですか」


おっさんの言ってる内容に何も問題はないが、やたらと偉そうな口ぶりにややいらっとしてしまうたくま。

そんなとき、一人のお兄さんが店に入ってきました。
たくま同様、黒曜石に目を輝かせるお兄さん。
おっさんとの会話も弾む。

お「あんたも黒曜石を見にきたの?」

兄「はい。すごいですね、本物は」

お「昔はあちこちでこんなのが落ちてたんだよ」

兄「へえ〜。和田峠の黒曜石って三内丸山遺跡(青森県)でも出てきたりしてすごいですよね」

(お、縄文フリーク(--))

お兄さんの反応にすっかり気をよくしたおっさん。

「おじさんは餅屋だけど」

黒曜石に詳しいことを自慢し出す。

「黒曜石は鹿の角で割って石器を作ったんだよ。割った石の鋭いところを叩いて丸くしたんだ。そのままだと手を切っちゃうから。」

(あなたの家では包丁の刃を丸くするのですか?)


そうこうしてるうちにめぼしい石を3つほどしぼりこんだたくま。
二人の会話がやむのを待つ。
しばらくしてお兄さんの目は商品に向き会話が止まったので

「すいません、この石だといくらにしてもらえますか?」

と尋ねると

「いまこっちのお兄さんの相手してるから」

の一言。
とりあえず

「すいません」

とは言ったが、

(今話終わったじゃねえか!つうか先客は俺だろ(--#))

ますますいらっとするたくま。
しかしそれは表には出せない。
まけてもらうまでは。

買い物をすまし出ていったお兄さん。
「お待たせ」の一言もなく

「どの石?」

と聞いてくるおっさん。

た「この3つで迷ってんですけど、いくらにしてもらえますか?」

お「どれにするの?」

た「迷ってます(って言ってんだろ)」

お「この中ならこれがいいよ」

不本意ながら、たくまが一番いいかなと思った2300円の石を指すおっさん。

た「なんでですか?」

お「…これがいいよ。石器作る時にうんぬんかんぬん」

(石器は作んねえって言っただろ)

た「じゃあこれにします。いくらになりますか?」

お「う〜ん。500円引きかな〜」

た「ありがとうございます!(そのくらい折り込みずみのくせに)」

お「ところでお兄さんどこから来たの?」

た「岡山です」

お「岡山!?懐かしいなあ!」

た「いらっしゃったことあるんですか?」

お「岡山には三度行ったことあるよ!」

た「そうなんですか!(多いのか?(--;))」

お「懐かしいなあ。あっちにも行ったよ。ほれ、小豆島」

た「ああ、そうですか!(それは香川県)」

お「岡山もう懐かしいから特別にまけてあげる!1800円でいいよ!」

た「ほんとですか!?ありがとうございます!(結局500円引きじゃん(--;))」

石を袋に入れながらおっさんの岡山の思い出トークは続きます。

お「おじさんが行ったときにはまだ中国自動車道はできてなくてねえ。下道で行ったよ」

た「へえ〜、けっこう前の話なんですね」

お「そう、道すがら姫路城にも寄ったよ」

た「そうですか(それは兵庫県。岡山の思い出なんかねえじゃねえか(--#))」

お「ずいぶん安くしたよ。お兄さんいい買い物したよ」

た「ドウモアリガトウゴザイマス」


たくまは知っている。
ネットでも調べればもっと安くもっと良質なものが手に入るということを。
しかし、今回は和田峠でゲットすることに意味があったのでやむなし。

客なのに弱味を握られているような不条理な思いで手に入れた黒曜石でした。
【2006.10.12 Thursday 19:44】 author : たくま
| 関東・甲信越 | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2013.10.11 Friday 19:44】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
餅と石?どっちがメインのお店なんだろうか(笑)しかし、おっちゃんの接客はなってないなぁ〜。私なら無言のまま、石を持って出ていくかも(^^;)
| くまみよ | 2006/10/13 5:48 PM |
黒曜石の採れる地域が限定されるにも関わらず、
黒曜石の石器はあちこちで出土されている。
このことから、黒曜石石器作りの職人がいて、
富山の薬売りの如く、日本国内を移動して
売り回る(交換し合う)組織が存在していたので
はないかという説がありますね。

だから、古代人も、時に、拓磨と同じような
気持ちを味わったんではないでしょうか。

売り手「さあさあ、安いよ! 何でも切れるよ、
和田峠産の黒曜石石器!マンモスのもも肉5本と交換だあ!」
古代人拓磨「げ! おっさん高えよ。もも肉2本にまけてよ」
売り手「ほんじゃ大まけにまけたる。めのう勾玉10個と
交換だ」
古代拓「全然値引きになってねえじゃん!」
売り手「何言ってやがんでえ。こちとら手間賃も足代も
かかってんだ。嫌なら他行くよ!」
古代拓「・・・買うよ、買いますよ!(怒)」

その夜、購入された石器が凶器に使用されたことは
言うまでもない。
思い出したぁ? 前世。

| アネゴー | 2006/10/13 10:53 PM |
くまみよさん
おっさん、接客する気はなかったはず(笑)

アネゴーさん
そしてそのまま黒曜石の産出地を略奪し、以後、青銅器の出現まで日本の交易を牛耳る古代たくまであった(笑)
| たくま | 2006/10/14 2:30 AM |
そのまま黒曜石の産出地を略奪し
ーーお! 大きく出たな!?

以後、青銅器の出現まで
ーー・・・大きいのか結局控えめなのか、
  わ、分からん。
| アネゴー | 2006/10/14 2:51 AM |
アネゴーさん
前世の記憶をたどるとこうなりましたですじゃ(笑)
| たくま | 2006/10/15 12:47 AM |
1年以上たってからコメントしても誰も読まないかもしれませんが、一応書きます。
あのお店の前の広い駐車場ですが、よく下を見て歩きましたか?
そうです!あそこで拾えます。1cm程度のものなら相当数落ちてました。
子供に黒曜石を拾わせていたら、あのおじさんが出てきて、
「そこで拾うのはやめてくれ!」ですと。

そのあと、数百m?以内の場所で、小さい黒曜石ならいくらでも落ちている場所を見つけました。昔の鉱山の入り口近くだったようです。
| N村 | 2008/04/17 8:39 PM |
N村さん
コメントありがとうございます!

いや〜、僕は、結局自分で探すことはしなかったんですよね。
やっぱりいまだに黒曜石がぽろぽろしてるんですね。
さすが和田峠。
| たくま | 2008/04/17 9:02 PM |
2012,8,12に和田峠に行きました。力餅のおっさんは元気そうでした。その周囲で車を止め、たくさん拾いました。おっさんから学んだことは、「ペットボトル内に黒曜石を数個入れておくといいんだよ!」力餅屋の先にある、湧水を飲むことができる所でも黒曜石を拾いました。その後軽井沢のハルニレテラスで川上庵のゴマダレそば(1280 +追加580)を食べました。絶品ですよ!
ブログのアドバイスが参考になり良かったです。ありがとう。※ただし、和田峠は大型トラックがひっきりなしに通るので注意してください。
| くろちゃん | 2012/08/13 11:49 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gurukun.jugem.jp/trackback/730
トラックバック
何かございましたら、下記のアドレスにご連絡ください。
amamiku@hotmail.com