日本各地を旅する男のブログ
 

旅する男たくまの旅の記録

現在地は、すでに訪れ た土地は、全ての 予定を完了した土地をで示していきます。

<< ヤクザな一日 親分宅編 | main | 野麦峠 全体像と個人と >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.10.11 Friday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
職務質問@埼玉
埼玉の道の駅で寝ていると突然ドアを叩く音。

(なんじゃ〜!?Σ( ̄ ̄;))

びっくりして目を覚まし、外を見ると二人の警官が。
時計を見るとちょうど6時ころ。

(なんたる迷惑(--#))

とは思ったが仕方がない。
窓を開けて取り調べを受ける。

「車に住んでんの!?」

驚いた様子で聞いてくる警官その1。
「住んでんの」かと聞かれると厳密には答えは「No」だが、寝惚けていたせいもあって、

「はい」

と答えてしまったたくま。
警1「ココで何してんの?」

た「旅してます」

警1「タビ?」


「免許証いいですか?」

割って入ってくる警官その2。

た「はい」

と渡すと、警2はそれを持ってパトカーの方へ向かって行った。
再度始まる警1の取り調べ。

警1「住所不定?」

た「は?」

警1「住所不定なの?ホームレス?」

た「…いえ(免許証見ろよ(--;))」

警1「どこに住んでんの?」

た「岡山です(だから免許証見ろっちゅうに!(--#))」

警1「仕事は、してないよね」

た「…はい(←本当のことを教えたくない)」

警1「結婚は?」

た「は?してないですよ」

警1「これからどこ行くの?」

た「ん〜…北に行きます(←まだ眠い)」

警1「北?」

た「はい」

警1「北ってどこ?」

た「わかりません(←答えるのが面倒くさくなっている)」

警2「ありがとうございました」
(免許証を返してくる警2)

警1「はあ〜、それじゃ気を付けて」

た「どうも」


以上の短い職務質問でしたが、相当不思議そうにたくまを見る警官その1でした。
こんな車見たの初めてだったのでしょうか?
たくまは仲間をよくみかけますが。

それにしても、もう少しデリカシーある質問をしてもらいたいものです。
【2006.10.05 Thursday 19:02】 author : たくま
| 関東・甲信越 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2013.10.11 Friday 19:02】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
ひゃー。そりゃめんどくさいですね。
ほっといてくれ。ってなりますね。
でも・・・どんな車なのか私も興味津々です。笑

ところで、こちらのブログのブックマークに「たくまの旅日記」を載せたいのですが、いかがでしょう…?
| かおり | 2006/10/06 5:23 PM |
そのバカな職務質問と似たような話を・・・。

フランスでは、EC以外の外国人が滞在するには
「滞在許可証」というものを取得しなければ
なりません。留学生は1年毎の更新で、
パスポートなどを持って、警察に行きます。

ちなみに、パスポートというのは、母国政府が
発行する、「母国の外に出る許可書」で、
自分が犯罪者などではなく、正式に国外に出られる身
であることを証明するものです。

で、これを提示して、滞在したい国から
「滞在して良し」という許可をもらうのです。

数年前の滞在許可更新のときの話です。
私が並んだ窓口の2人くらい前に、同じアジア人の
女の子がいました。日本人かな?と何気なく見ていた
ところ、彼女の番が来ました。その彼女が係員に見せた
パスポートは黒い表紙だったので、日本人じゃないな
ということが分かりました。

以下が、彼女に対する係の質問と、後ろで聴いていた
私が心の中で入れたつっこみです。

係「(パスポートを開きながら、女の子に向かって国籍は?」
女「台湾です」
私(なんちゅう質問じゃ。パスポート見せとるやんけ)
係「中国じゃないの?」
女「台湾です」
私(だから台湾のパスポート持っとるんやないけ!
中国人なら中国人のパスポート持っとるわい)
係「本籍は?」
女「台北です」
係「タイ・・・は?」
女「台北です。そこに書いてあります(とパスポートの
当該カ所を指で指す)」
私(だから係、パスポート見ろって!)
係「で、あなたは台湾人なの?」
女「はい」
私(だから台湾のパスポートもってるんだろーが!)

というやり取りが続き、この馬鹿係を相手に
どうにか手続きを終えたその女の子が去った後、
件の係は、隣の同僚とぼそぼそ話していました。
「タイワンって国があるのねー」
・・・(ー_ー;)

確か、台湾がひとつの「国家」としてパスポートを
発行し始めたのはその年からだった筈で、
滞在許可書を出す局の係員が、そのことを知らなかった
・・・というこはまだ許せるとして(許せるか?)、
この係の馬鹿過ぎる質問には他人事ながらキレそうに
なりました。

もう、ワタシ、何がキライかと言って、同じことを
何度も繰り返し言わされること、同じことを何度も
繰り返し聴かされること、頭の悪い質問、この3つが
ワースト3なもんですから。
| アネゴー | 2006/10/06 9:58 PM |
かおりさん
それは願ってもないことです。
よろしくお願いします!

アネゴーさん
気持ちめちゃくちゃわかる!
相当イライラするよね。

アネゴーさんの中ではワースト3に入るのね。
俺のワースト3も、近々、記事として載せようと思っとるから乞うご期待(笑)
| たくま | 2006/10/07 10:15 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gurukun.jugem.jp/trackback/715
トラックバック
何かございましたら、下記のアドレスにご連絡ください。
amamiku@hotmail.com