日本各地を旅する男のブログ
 

旅する男たくまの旅の記録

現在地は、すでに訪れ た土地は、全ての 予定を完了した土地をで示していきます。

<< 福井洞窟 時間と空間をまたぐもの | main | 日本の「世界」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.10.11 Friday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
安須森御嶽 沖縄最高聖地
沖縄の最高聖地はどこだ!?

斎場御嶽(せーふぁーうたき)だあ〜?

違うっ!!!
安須森御嶽(あすむいうたき)だ!!


というわけで、久々更新の今日は、先月行った安須森御嶽を紹介します。


御嶽とは沖縄独自の聖地。
本土のいたるところに寺社があるように、沖縄のあちこちで御嶽が見られます。
中でも有名なのが斎場御嶽。
琉球王国において重要祭祀が営まれたこの御嶽、世界遺産に指定されたこともあいまって知名度は抜群。
以前このブログでも紹介しましたがとても素晴らしい聖地です。

しかししか〜し!安須森御嶽の存在感は斎場御嶽でさえかすんでしまう!
沖縄にこんな場があったなんて!!!

・・・

個人的好みだけで「安須森最高!」と言っているようですが、あながちオーバーではありません。
琉球王国時代の文献にも「安須森が御嶽のNo.1」ともとれる記述は見られるのです。


さて、沖縄本島最北端に位置する安須森御嶽の旅。
今回もたくまの巻き添えをくったのは日本代表さん。
「最北端なんて小学校以来行っていない」
という日本代表さんに
「沖縄人としてどうよ」
とお誘いしました。
ご同行感謝♪


沖縄の大動脈国道58号線をひたすら北上。
途中、神社でいう磐座(いわくら)的な岩を見かけるたびに道草。



【信仰対象の岩1】



【信仰対象の岩2】

目的地到着前から大興奮のたくま。
呆れ顔の日本代表さん。

特にトラブルもなく本島最北端の辺戸岬に到着。


【辺戸岬】


目指すはあの山、安須森御嶽!


【辺戸岬からみた安須森御嶽】


と、そのとき

「なにあれ?」

なにか気になるものを見つけたのか、不思議そうな声でたずねてくる日本代表さん。
その視線の先にあったものは、なんとヤンバルクイナ!・・・の展望台。


【ヤンバルクイナの展望台】

明らかに違和感漂う森の展望台。
ヤンバルクイナの生息地だからといって、なんと安易な。
景観とのバランスもなにもあったものではない(--;

言葉を失いしばし展望台を展望する二人。

たく「・・・行ってみる?」

日本「・・・いや、いい」



安須森御嶽に向かう前に、北部は久しぶりと言う日本代表さんのために、まずは軽く北部観光。
日本代表さんの目が輝きを宿したのは義本王の墓に行ったときだった。


【義本王の墓】


義本(ぎほん)とは元琉球国王。
英祖(えいそ)に王位を奪われ北部に逃れ、没した後ココに葬られたという。
(ただし、義本王の墓と伝承される墓は他にもいくつかある)

ひとしきり墓を見学し次に移動しようとすると、突然、日本代表さんが墓横の薮に分け入った。
いわく、

「あ、墓だ」

後を追い見てみると、そこは琉球石灰岩の瓦礫。
日本代表さんが墓と断定したのは、沖縄独特の厨子甕(ずしがめ)という骨壷の破片が混ざっていたからだ。
そして、あたりよく見ると、なんと、瓦礫の中に人骨まで散らばっているではないか。

「あ、大腿骨♪ あっ、上腕骨♪ 骨がいっぱ〜い♪♪♪」


【厨子甕の破片と人骨】


厨子甕&骨マニアの日本代表さん、ココに来てまさかのハイテンション。
妙なやつだ。

日「たく!腓骨踏まない!」

た「は〜い(--;)」

それにしても、観光客も普通に訪れるこんな場所に人骨が散乱してる国頭村ってどうよ(--;


二人のテンションがいい感じで上がってきたところでいよいよ安須森御嶽へ。
登山口に行こうにも観光客向けの地図があるような場所ではない。
が、そこは全国の史跡を制覇してきたたくま、経験に培われた勘でたやすく登山口を発見する。

日「すごい(--;」

た「登山口を見つける早さに人間の要領の良さがあらわれるよね」

日「はいはい」

た「ワタシ、テンサイ」

日「うるさい」


安須森御嶽一帯の山は、別名黄金山(くがにやま)とも呼ばれている。
黄金山は、登山口から早くも琉球最高聖地の貫禄をにじませていた。


【黄金山登山口】


本土では、岩がゴツゴツとむき出した山にはよく寺社が創建されていたりするが、黄金山はそれとよく似た地形になっている。
登っていると本土の聖地に来ているかのような錯覚を覚えるほどだ。


【山道】


山の中腹に差し掛かったころ、大きな横穴が姿を現した。


【横穴】


やはりというか当然というか、横穴にはちょっとした祠がおかれていた。


【横穴内部の祠】


30分弱ほど歩きついに山頂に到達。
そこで目にした光景は、まさに神の頂に相応しい荘厳なものであった。


【山頂から見た海】



【山頂から見た森】



【山頂から見た安須森御嶽全景】


想像を超えたあまりの自然の偉大さに、ただただ立ち尽くす二人。
いったい沖縄に住むどれほどの人が、この沖縄の神に出会ったことがあるのだろう。

しばらく互いに言葉も交わさず、深く、深く、呼吸をした。
まるで自然との融合を図るように。
日本代表さんの静かな横顔は、沖縄に生まれ育ったことへの深い喜びを隠さず物語っていた。


そうこうしている内に日は少しづつ傾き始めていた。
下山しようとするたくまに、日本代表さんは、安須森御嶽の他の峰への登頂を進言してきた。

「う〜ん(--;」

やや躊躇する遭難経験ありのたくま。
引き返すタイミングはたくまに一任ということで、別の峰を目指すことに。
しかし、それほど大きな山ではないので、案外とたやすく登頂を果たした。

そこの地形のこれまたすごいこと。


【切り立った岩】


安須森御嶽を一通り楽しみ満足の下山。
の、はずだったが、最後の最後でたくまに恐怖が襲い掛かる。

日本代表さんの前を歩いていたたくまの目に、何か動くものが!
いち早く気付きとっさに歩みを止めるたくま。

日「どしたの?」

た「・・・あれ、やばい色じゃない?」

現れたのは、足元の岩の隙間に体を突っ込んでいる蛇だった。
しかも、そいつは、模様からしてハブ!?

た「あれやばい色じゃない?やばい色よな!?」

日「そう?」

蛇に近づき確認し始める日本代表さん。

た「ちょっ、ちょっ、危ないって!近寄りすぎ」

日「近寄らないと見えないさぁ」

た「危ないから!・・・どう?やばい色じゃない?」

日「ああ、これはやばいね。ほんとよく見つけたね。てか、たく焦りすぎ」

た「日本代表さんは蛇怖くないの?」

日「いや、ぜんぜん」

(この野育ちの田舎者め(--;)

日「とにかく行こう」

そう言うとハブをひょいっと軽く跳び越えていく日本代表さん。
続いて、助走をつけ本気の大ジャンプをみせるたくま。
着地は当然失敗。2mほど岩から滑り落ちる。

日「・・・ハブを跳び越える速さに人間の器がでるよね」

た「うるさい!・・・あ、しまった」

日「どしたの?」

た「遠くからズームで写真撮っとけばよかった。なんで思いつかなかったんだろ」

日「タク、テンサイ」

た「ムキッ!!」


こうして、たくまの脳内から安須森御嶽の絶景の記憶は一掃され、道々で見かける「ハブ酒」の看板にトラウマをくすぶられながらの帰路となったのである。
北部の自然はあなおそろしや。
【2007.11.28 Wednesday 02:35】 author : たくま
| 沖縄 | comments(12) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2013.10.11 Friday 02:35】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
お久しぶりです(^O^)
いや〜、安須森御嶽の写真には神を感じて、ちょっと涙ぐみました
(:_;)
さっそく、携帯保存で度々癒されたいと思います
o(^-^)o
| 豚子さん | 2007/11/28 12:31 PM |
豚子さん
いやぁ、ほんとにご無沙汰しております。
最近、特に今月は鬼のように忙しくてなかなか更新できませんでした(^^;
でも、たまに更新したときに、豚子さんのように旅中からこのブログを見てくださっている方が今でも覗いてくださるのがとても嬉しいです!

安須森御嶽、気に入っていただけてなによりです^-^
ココは自分の中で沖縄ナンバー1の聖地です♪
| たくま | 2007/11/29 12:09 AM |
先日は浦添ようどれ案内ありがとう。
次はここやな。かなり気になるわ。これは宮崎の暴力団風の方と共同出資で法人設立ですな!
| GOTO | 2007/11/29 11:26 PM |
無傷で捕まえて 役所に持っていけば 五千円〜一万円にはなったのに! たくまの根性無しには ガッカリだよ。
| かおる | 2007/11/30 10:45 AM |
GOTOさん
宗教法人安須森最高教ですね(笑)

かおるさん
僕の命を賭けるには一万円じゃ安すぎます。
そういうのはまずかおるさんからで(爆)
| たくま | 2007/12/01 12:28 PM |
あのヤンバルクイナ面白いですよ。柱が○○にブッ刺さってる(笑)
友達と行った事がるのですが、大盛り上がりです。少し頭のおもしろい集団だったせいもありますが。今度は是非行ってみて下さい。
| non | 2007/12/18 7:53 PM |
久々に拝見したのですが…なかなかお忙しいのですね。
がんばってくださいね、楽しみにしております。
| 茜理 | 2007/12/20 10:38 PM |
non
俺は昔行ったことあるのよ。○○にぶっささってんのは覚えてないけど。
そんなに盛り上がるか?(笑)


茜理さん
ありがとうございます。
紹介したいところはある程度ピックアップしているので、最低それが終わるまでは続けたいと思います。
どれくらいかかるかわからないですが(^-^;
| たくま | 2007/12/22 1:06 PM |
こんにちは、ちかぢか安須森へ行こうと思ってるんですが、
58号線をひたすら北上し、それから行くのは分かりやすい道順でしょうか??

| ほし | 2008/09/14 3:53 PM |
ほしさん
>ちかぢか安須森へ行こうと思ってるんですが、
58号線をひたすら北上し、それから行くのは分かりやすい道順でしょうか??

そうですね。
58号線をずっと北上して、辺戸岬の入り口も通過してしまい、
しばらく行くと、安須森の山の麓に向かう細い坂道が右手に現れます。後は、上に上に向かっていくと、自ずと登山口にたどり着くはずです。
58号線から入る坂道がちょっとわかりにくいかも知れませんが、右に入れる道はそう多くないので、頑張って探してみてください。標識はないです。
あと、ハブの活動が活発な時期ですので、気をつけてくださいね。
| たくま | 2008/09/15 12:58 AM |
こんにちは!
すでに、本日午前中で行ってまいりました〜!
行き方は、同行した知人が知っていました。でもお返事いただき、ありがとうございます。

いい場所でした。気持ちよかったです。
| ほし | 2008/09/15 1:12 PM |
ほしさん
無事たどり着けましたか。
なによりです。
ほんと、素敵な場所ですよね。
| たくま | 2008/09/15 6:51 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gurukun.jugem.jp/trackback/1339
トラックバック
中村智彦先生の工場見学【世界一受けたい授業】
中村智彦先生の工場見学【世界一受けたい授業】世界一受けたい授業より、中村智彦先生の工場見学。身近な製品がどのように製造されているのか、ちょっとした社会見学ですね。しかし、最後のかりんとうはないでしょ・・。(;^_^ A Dailymotion blogged video...
| カメラ屋 店長のすべて話します。 | 2007/11/28 2:24 PM |
何かございましたら、下記のアドレスにご連絡ください。
amamiku@hotmail.com