日本各地を旅する男のブログ
 

旅する男たくまの旅の記録

現在地は、すでに訪れ た土地は、全ての 予定を完了した土地をで示していきます。

<< ビックリ不動産よ 永遠に (前編) | main | U・S・A in 北谷 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.10.11 Friday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
ビックリ不動産よ 永遠に (後編)


た「こんにちは〜」


ビッグ開発の事務所を訪ねると従業員は五人。
内二人は接客中、もう三人はデスクで事務作業をしていた。
後者三人の内、一人の女性は奥の偉い人デスクで作業中。
たくまが初めて事務所に苦情の電話を入れたときに高圧的に説明してきた人かも知れない。

後の二人は三十代中頃のお姉さんと新入社員らしきお兄さん。
たくまがカウンターに近付くとお姉さんの方が応対した。


た「すいません」

姉2「いらっしゃいませ」

声からして電話で話したお姉さんではない。


た「あの、契約書を取りに来たんですが」

姉2「はい。アパート名を教えてください」

た「浦添市」

姉2「はいはい」

た「仲西」

姉2「はい」

た「○○アパートの」

姉2「…はい」

た「武部です」

姉2「………」


事務所に緊張が走る。

なんだ、この不愉快なプレッシャーは(--;


名乗るや否や、黙りこんでしまう姉2。

最後まで「はい」って言えや


仕事の手を止め、奥から上目使いにこちらをうかがう上司。

感じ悪いから


ぼーっとつっ立ってたくまの顔をじっと見る新入社員。

口開いてんぞ


接客中の二人は目の前の客から一瞬目を離したくまを確認する。
が、目は合わせない。

こいつら〜(--;)
わしゃ珍獣かっ!!?



「…少々お待ちください」

契約書の入った封筒を取りに行く姉2。
しかし、封筒をたくまに手渡しに来たのは新人くんだった。
姉2はそばで見守っている。
どうやらたくま相手に研修を始めたようだ。

これだけクレームつけてきた相手によくやる(--;)


「こちらが契約書です」

封筒から取りだし形だけの説明を始める新人くん。

「こちらが家主さんの領収書です」

それだけ言うと、新人くんはさっさと封筒にしまおうとした。

変更があったとこくらい説明があってしかるべきだろ(--#


「ちょっと!見せてください」

半分封筒に入りかかった契約書の閲覧を要求するたくま。
説明が一切なかったので、どこが修正されているのか1ページ目からじっくり探していく。

その間、新人、姉2は黙って見ているだけ。
奥の上司も知らんぷり。

この無能共が〜〜〜!!(--#


それにしても、事務所に来てから、契約書ができたという連絡を忘れていたことに関してただの一度も謝罪がない。
怒りを通り越して嫌悪感がこみあげてくる。

もうこいつら顔を見るのもうんざりだ。

契約書の修正箇所を確認し、早々に立ち去ろうとするたくま。


事務所をでる間際、驚くほどバカでかい声で挨拶する新人くん。

「あーがとーござーましたっっっ!!!」

ココはガソスタか(--;)
どうせなら
「すいませんでした!」
と言いなさい。


いつまでもかわりばえしないビックリ不動産であった。
【2007.07.11 Wednesday 23:07】 author : たくま
| 沖縄 | comments(9) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2013.10.11 Friday 23:07】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
ある意味、名前のとおりビッグな不動産ですね
f^_^;
つわものです
| 豚子さん | 2007/07/12 12:44 AM |
おどりゃ〜言わなかったんですか?
暴れなかったんですか?
武器もたなかったんですか?

どしたんすか!!!(笑)
| かおり | 2007/07/12 4:11 PM |
ビッグ不動産のブラックリストに登録&社内周知済みですね。

きっと写真付きでウラ社会に流通してるね。
| じゅう | 2007/07/13 10:47 PM |
豚子さん
厚顔無恥、甚だしい限りです。

かおりさん
きさま〜(--;

じゅうさん
有り得ますね(--;
こっちが被害者なのに(T^T)
| たくま | 2007/07/14 12:35 PM |
多分あいつらはややこしい客に捕まったと自分たちが被害者気分です。はい、間違いなく。
| goto | 2007/07/15 7:18 PM |
言いたいことがあれば、はっきり言えばバカらしいけど
| はぁ | 2008/01/26 1:51 AM |
はぁさん
?どういうことでしょうか?
この記事だけ読んでコメントされましたかね?

ここにいたる経緯はいろいろありまして、そのことはこのブログの過去記事にもありますのでご参考ください。

それでもなにかございましたら再度コメントをどうぞ。
| たくま | 2008/01/26 1:59 AM |
久々にお邪魔したら、なんともKYな方がいらっしゃってますね。

とても悲しいことです。
| 茜理 | 2008/01/28 11:24 PM |
茜理さん
お気遣いありがとうございます(^^;)

この記事「ビックリ不動産よ 永遠に」はGoogleの検索でも割りとすぐ出てくるようでして、そこから入った方がこの記事だけ読んでそのような感想をもたれるのは無理からぬことなのかもしれません。

しかし、言い訳すると、私が実名を出してまで批判するのはそれだけ余程のことがあったからでして、2007年4月の記事「沖縄家捜し物語」を読んでいただければある程度ご理解いただけると思い、先のようなコメントをさせていただいた次第です。

あわせて、このブログのテーマのひとつである“なにかを評価するときに断片的な情報からするべきではない”というところも汲んでいただけたらなお嬉しいんですが・・・(^^;
| たくま | 2008/01/28 11:54 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gurukun.jugem.jp/trackback/1330
トラックバック
何かございましたら、下記のアドレスにご連絡ください。
amamiku@hotmail.com